<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ルビー8歳の誕生日&乗っけもの。

d0001008_171854.jpg

d0001008_17183841.jpg

世界で一番大好きな家族のルビー。あっという間に大人の階段を上り9月27日に8歳に突入。飼い主の私が体調を崩し高熱が出てしまっていたのでルビーの誕生日を過ぎての記事投稿。今回は風邪ではなくて持病からの熱でした。定例の点滴切れでした・・・。このところ点滴日近くになると発熱や筋肉の痛みが凄くなります。

新しい治療の薬剤はあるのですが、最後の砦として主治医はまだ導入したくないと。この後に続く新しい薬剤が開発されていないからです。いつの日か病気ごと治る薬剤が出来るのだろうか・・・。希望はもちたいと思っています。

さて毎日元気よく過ごしているルビーです。夏に写真を撮った階段での2枚。珍しく写真撮影につきあってくれたものです。二枚目は手ぶれをしてしまいましたがベロ出しルビーです。

d0001008_17192976.jpg

3枚目は、背中の乗っけもの写真。大好きな大女優ぴりちゃん。ファンは星の数ほどいる新潟在住の美人にゃんこです。ぴりちゃんは、かわいくて頭の上にいろんなものを乗っけものしちゃう凄い凄いにゃんこなんです。ぴりちゃんの飼い主さんのぴりさん直伝乗っけものの指導のもと試してみました。朝の忙しい時間帯に母と私の二人でしたのだけれど、した結果がこの有様(笑)。

猫のジジちゃんぬいぐるみに登場してもらい、顔見せをして(笑)頭の上に乗っけたらジジちゃんバランス崩しジジちゃん転倒(^^ゞ。頭は2回試したけれど無理みたいで背中に乗っけてみました。今度はうまくいったのでルビーが起きあがらないうちに成功写真を。

このルビーの顔、かなりハタ迷惑そう。「家来たち何をするんだにゃ、何か乗せられるの俺やだにゃあ」なんて心の中で呟いているようないないような・・・。頭の上は難易度高かったよ~。ぴりちゃんって凄いなあと改めて思ったのでした。

8歳にして初めてできた背中の乗っけものでした。最近、よく鳴くようになったルビー。かわいい声で鳴きます。
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-09-28 17:21 | 猫のルビー

有吉佐和子 「青い壺」 庭仕事

d0001008_91403.jpg

小説を読んでいる。恥ずかしいことにものすごーく久しぶりなのです。ここ最近細かい字がちょっと苦手と思っていたのですが、読売新聞・日曜版の本の書評を読んだら、読みたくなりました。有吉佐和子さんの「青い壺」という本です。ずっと欲しかったけれど購入していなかったミセスベリーさんのジャムの本と一緒に紀伊国屋のネットから取り寄せ。

ジャムの本が近くの書店でも、他の本のネットショップで探せど探せど在庫なしだったのですが紀伊国屋のネットショップに在庫はありました。秋の果物のジャムを今度作りたいと思っています。

有吉佐和子さん。短大時代の卒論で彼女を研究していました。好きな小説家です。私が小学1年の時に亡くなられたことが本当に残念でなりません。有吉佐和子さんが現在生きていたらどんな小説を発表しただろうか。もっと有吉佐和子さんの小説を読んでみたかった。

さて読み始めた「青い壺」一気に読みたいものですが一日一話ずつ読み進めています。こういう読み方の方が自分に合うようです(^^ゞ。

ある無名の陶芸作家が生み出した青磁の壺が巡り巡っていろんな方のところへ旅していくのです。売られて盗まれて十余年後に作者と再会するまでに壺が映し出す数々の人生。私が読んでいる過程では退職した男性と妻の日常、夫の兄弟たちとの遺産をめぐり自分の両親の遺産をあてにする娘、嫂VS長女(嫂の夫のきょうだい)。バーのマダムが登場したところまで読み終えました。

この「青い壺」は昭和51年に文藝春秋にて発表されています。私が生まれる一年前。でも内容は今の時代に読んでいても古いと感じず、昔の時代も今の時代も同じだと。青い壺を巡り短編で毎度登場人物も新しい人々が出てくるのですがどの短編でも「あるある、こういう思い」・・・。共感することが多い。一話ごとに青磁の壺が渡った先の人が主人公の短編がものすごくおもしろくてこれからどうなっていくか楽しみな小説です。

夜寝る前は小説を一話読み終えるとガーデニング雑誌読んで気づけば夢の中に・・・。

More 庭作業、庭写真
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-09-26 09:23 | Diary

雨の日の愉しみ 彼岸花

d0001008_12293384.jpg

台風前にイモータルジュノーをCUT。センスがないためただ瓶に入れていくしかできないのですが、天候が悪くなる前にいつもその時にきれいに咲いていた植物をこういうふうにいれて室内で楽しんでいます。

イモータル・ジュノーに千日紅、茄子紺色はクレマチス・篭口です。瓶は、この瓶欲しさに購入したお歳暮解体セールにてお安く購入した紅茶が入っていた陶器の瓶です。

d0001008_135262.jpg

この写真から2日後。イモータルジュノーの花が散ってしまい、↑の写真ではまだ咲いていなかった篭口が咲きだしたので、かかさんから頂いた萩焼の大好きな花器に篭口と千日紅を入れて楽しんでいます。

クレマチスは大輪品種もきれいですがベル型も可憐で大好きです。篭口は一番生育抜群の元気印です。

両親がばっさりとさざんかの枝を切ったので今年の夏は暑かったと思われる庭の隅。ここには、彼岸花を植えていたのです。いっこうに地中から出てこなくて、埼玉の有名な巾着田の彼岸花は咲いているので今年は彼岸花を見る事ができないと思っていました。

20日雨の降る中、傘をさして植え場所エリアに行ってみると地中から蕾がにょきっと少しだけ顔を出していました。今年も見る事ができるとほっとした出来事でした。季節にならないと現れない方々は、いつもどきどきものです。例年猛暑の年が続いているため開花が昔に比べるとかなりずれこんでいます。

猛暑が長年続いていき温暖化になっていくと、未来は10月にならないと彼岸花咲かないのかな・・・。
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-09-23 06:46 | ER イモータル・ジュノー

秋のザ・ピルグリム

d0001008_8194594.jpg

昨日雨が小休止した時、ふと居間から春がすみを見るとそこには・・・。この間の台風で春がすみの葉が散ったのでよく見えたのです。

カマコの卵らしきものが・・・。年々早めに卵を産むようになっています。近づいてみるとカマコの卵を発見。ということはカマコの雪占い・・・。高い場所にカマコの卵があると大雪(>_<)。他のカマコの卵の高さの位置でも占ってみる事にしよう。

d0001008_7553334.jpg

TOPのレモンイエローの薔薇はザ・ピルグリムです。秋には少しだけ返り咲きます。こちらはずっと花が咲き終えたら花がら摘みを兼ねてチョッキンしています。夏のお花は、すぐにチリチリ。この日咲いた子は、久しぶりにきれいな姿でした。黄色い薔薇が苦手な方にも抵抗が少ない色だと思います。

d0001008_7583877.jpg

家の前の酒米の田んぼの風景。18日の朝早めに撮影。稲刈りはまだです。雀がたくさん来てます。

d0001008_7591524.jpg

酒米の稲穂。

d0001008_820232.jpg

稲穂と雀。もっと雀は凄い数なのですが私の気配を感じるといっせいに飛び去り電線へ。ゆういつ逃げなかった雀と稲穂です。
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-09-20 08:58 | ER ザ・ピルグリム

千日紅とスノーグース

d0001008_13105730.jpg

今日の1枚。朝日がさんさんとさす塀近くで育っている千日紅。種から誕生した子ですが、私、千日紅と相性がよくないのか発芽が難しいといつも思うんです。ものすごく大好きなのになあ。この子だけしか今年は育たず小苗の段階で移植した後に暑さでとろけそうになりそのまま回復しないままお星様になった子がほとんどでした。発芽が難しい種って多くあります(^^ゞ。来年は、苗で購入したほうがよいのかも~。

咲いた子はかわいいラブリーピンク。触るとかさかさしてどこか懐かしくて、千日紅はものすごく主張しないけれどそっといつも寄りそっているようなかわいい子だと思います。ほのぼのとして好きだなあ。

d0001008_13153595.jpg

スノーグースがまたちらほらと咲きだしました。この薔薇は春の一番花から12月の最初のあたりまでずっと咲いている薔薇です。サハラ’98のボリュームがものすごいので組み合わせを間違えてしまったなあと実の所思っているんです。スノーグースの方がボリュームに欠けてしまう感じです(^^ゞ。欲張って違う薔薇をアーチに誘引する時は、いろいろと勉強してからでないと後で後悔してしまいます。

フェンス仕立ての場合ならこの組み合わせはバランス的になんとかなりそうだけれどアーチの場合だとバランスがへんてこりん。フェンス仕立ての方がいいかもと思うのですが、根っこがもうすごくて移植する気力がありません。このままずっとこの場で頑張ってもらおうと思います。

ここずっと残暑厳しい毎日です。稲刈りもはじまってきています。もうじき稲穂と山の景色も見おさめです。家の前の田んぼは酒米だそうです。

More 種蒔き
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-09-16 17:19 | 庭の花・ガーデニング

Deuil de Paul Fontaine

d0001008_643823.jpg

Deuil de Paul Fontaine 。3つめにお迎えしたオールドローズです。深い赤の花と枝にぎっしりとある刺に魅せられてお迎えしました。オールドローズをようやく育てて新芽から咲き散るまでのものすごい感動。リシュリューの深い紫がかる赤。マダム・アルディの透き通るような白さとあたり一面に漂う強い香り。一季でこれだけ心が満たされるのであればじゅうぶん。潔く散る姿を見た時は、感動でした。一季咲きの薔薇を好きだというブロ友さんが多いのも納得。育てて楽しんでみないとわからなものでした。

Deuil de Paul Fontaine は返り咲くというオールドローズ。秋にも愛でる事がこれからも続きますように。

新苗なので摘蕾をずっとしてきましたが、どんな感じで咲くのか見てみたくて咲かせてあとは切り花にすることに。今年の初冬には、地植えにします。

d0001008_7434318.jpg

9月10日、蕾にうっすらと色づいてきている姿です。びっしりとしたモス。ここからもうわくわくどきどきです。

反対側からもパチリ♪。
d0001008_7533581.jpg


9月12日の朝5時30分頃撮影。実物の色は、もっとこっくりとした大人の赤なのですが・・・難しいです。シベが少し見える角度でパチリ。
d0001008_673943.jpg


同じような写真でごめんなさい。横の構図のDeuil de Paul Fontaine 。
d0001008_693217.jpg


AM7:00に朝食食べ終えた後の皿洗いを中断して撮ってました(^^ゞ。さらに開いてきていて撮影しながら感動したのに自分で撮れる技術が拙くて。大切に育てて楽しんでいきたい薔薇に出会えてよかったです。
d0001008_7592898.jpg

[PR]
by atelierfloralruby | 2011-09-12 06:10 | Deuil de Paul Fontai

植物からパワーを感じる。

d0001008_8242995.jpg

物凄い自然の怖さを各地で残して日本海を北上しながら温帯低気圧になった台風12号。被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。

こちらは、雨風台風でなくてフェーン現象でものすごい強風でした。一昨日になり雨がようやく降りだしました。風に弱い植物はぐるぐる巻きになり地上部がふっとぶという状態に。春の嵐以上に強風が3日間続き怖かったです。時間がある時に、被害のあった植物を抜き取ったり掘り起こして移植させたり掃除したり。

薔薇は強風で風が強い場所は、葉が全部取れたものも。黒点になっていた葉がほとんどだったので一気に弱っていた葉が取れました。少しだけ見苦しさがなくなったと思う事にしよう・・・。

台風を乗り越えた植物はほぼ自力で復活しています。サンパチェンスはものすごいパワー全開であのひどかった姿からパワーを取り戻し自力で元通りに。ものすごいパワーを感じました。手助けを少しだけしたのはベコニアや風のものすごい場所に植えていたサルビア。別の場所へ移植しました。

TOPはブルーサルビアの蜜を吸いに遊びに来ていたイチモンジセセリ。子供時代はこの地味な蝶があんまり好きでもなかったのですが、そっと近づけばけっこう近くでも逃げない子でモデルしてくれます。バーベナの蜜が大好きなアゲハは察知すると優雅に違う場所へ飛んでいくのでなかなか撮れず。難しいです。

d0001008_11374853.jpg

d0001008_11383166.jpg

こちらはガウラ・フェアリーズソングス。わりと低めでおさまりボリューム感が出る植物です。じゃんじゃんと生育旺盛という感じです。花後けっこう短めに切り戻してもすぐに咲きだすので好きで、両親も気にいっている植物です。

昨日発見:新苗でお迎えしていたDeuil de Paul Fontaine 。HISAKOさんのブログやMyGARDENのHISAKOさんのページで深い素敵な色合いと刺に惹かれました。返り咲くというのも嬉しいです。蕾はずっと摘蕾してきた私ですが、昨日ふと枝先を見ると蕾発見。今回はお花見てすぐにCUTして切り花にしたいと思っています。咲いた姿を思い浮かぶだけで嬉しい気持ちいっぱいです。
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-09-07 08:24 | 庭の花・ガーデニング

台風

d0001008_1425490.jpg

9月突入。本日1枚目は秋明菊ダイアナ。矮性で花弁が長さが違う子なの以前生協で購入。もう長く庭にいますが例年気温があがり以前植えていた場所は暑さで住みづらくなり北へと住処を移動させました。この場所も乾燥しやすい土地なので注意が必要です。

さて速度がゆっくりの大型台風。昨日は新潟市フェーン現象で暑くなり、夕方頃には強風が強まり夜はさらに凄くなり怖くなりました。高さのあるスタンドに置いていた鉢も台も一緒に倒して、薔薇の鉢は横に寝転がせています。今日もフェーン現象で暑く強い台風の風が吹き荒れています。乾燥しまくりで水遣りしたいですが風が強いので外に出にくいです。これ以上乾燥させると危険そうなものにのみ水をやりたいのですが。雨は全然降らず明日の予報でようやく雨マークのようです。

一番今回の台風が接近するのは明日のようです。接近する時に雨風となるのかな。今回の台風で植物はダメージが凄いです。サンパチェンスは茎が折れています(涙)。この強風の中ではどうすることもできないので台風が去ってから植物の力を信じて後は自分ができるケアをするだけに。

d0001008_1435624.jpg

台風で茎がボキボキと茎が折れる前に撮影したサンパチェンス。写真では二鉢ですが実際は三鉢あります。背景の樹木は裏の家の木です。夏の暑さを乗り越えてきれいだったのに。台風でひどい状態になっています。カマコたちもなんとか葉の陰に身をひそめて台風を乗り越えてほしいです。

昨日、台風がひどくなると土日買いだしできないかもと、食料を3日間もたせるぶんを購入してきたのでこういう悪天候の時に買い出しに行くことなくほっとしてます。缶詰も少し購入。何かあった時に役立つので長期間ストックする食料品も常に在庫チェックしていないといけないですね。

外へどうしてもでかけられる際は、怪我に注意なさってくださいね。これ以上台風の被害が増えませんように。
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-09-03 14:05 | Diary


ダイアリーや作品、ガーデニング、好きなものについて書いています。


by atelierfloralruby

プロフィールを見る
画像一覧

リンク集

フォロー中のブログ

みどりのある暮らし 【...
今週のピックアップブロガー
+++carefree ...
匂いのいい花束。ANNEXE。
WAON~小さな庭と…
wiwiの気まぐれ日記
ひとり言
福士 誠治のブログ
KazのNY庭生活 2
Bon Copain!
Mimosa Garde...
野良っ猫写真日記
カエルのはんこ工房
『ガーデン&ガーデン』編集手帖
音描キ屋サン
マトリョーシカ
心はいつも。。。
まわりみちして
バラと緑の館 (No.2)
バラと遊ぶ庭
田舎でまったりと過ごそう~♪
hibariの巣
My little ga...
poan-de-kibun
ROSE DECO
ケセラセラ~家とGREEN。
りえんぞうのあれやこれや・・・
まとまりの無い庭 exc...
Tsugumi's Di...
ふたつの庭
*小さな幸せ 小さな喜び*
tannune
My Precious ...
Chiku-Taku ...
IL EST TROP ...
てんてんさんの薔薇だより
EAM photo
りきの庭
CINQのひとりごと  ...
あけの秘密の花園

カテゴリ

全体
Diary
猫のルビー
庭の花・ガーデニング
バラ
クレマチス
クリスマスローズ
一年草
宿根草・山野草
球根
ベジタブル・果樹・花木
料理・パン・スイーツ
喫茶店・カフェ・レストラン
バラ園・フラワーパーク
旅行・おでかけ・散歩
いただきもの
ガーデングッズ
Canon EOS Kiss X2
大好き氷室京介
ER パット・オースチン
ER ザ・ピルグリム
ER スノーグース
ER L.Dブレスウェイト
ER ジェフ・ハミルトン
ER イモータル・ジュノー
ERウィリアムシェークスピア2000
OLD Mme.Hardy
OLDカ-ディナルドゥリシュリュー
FL ほのか
FL アプリコット・ネクター
FLしのぶれど
HT ブルーライト
HT プリンセス・ド・モナコ
CL サハラ’98
CL 春がすみ
CL アンジェラ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
エドガー・ドガ
ミッドナイトブルー
多肉植物・観葉植物
持病
大好きな益虫
薔薇 キトサン+ニーム、その他
外で出会った猫
Deuil de Paul Fontai
ミルフル
園芸店
大好きなものや大好きなこと
Frederick II世
Rei
ファッション
OLYMPUSPENLite E-PL6
野の風景・野の花
I LOVE Niigata

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ライフログ


イングリッシュローズのすべて


バラの庭づくり


ケイ山田のイングリッシュガーデン―庭はもう一つの部屋


つる植物のガーデニング―仕立て方・楽しみ方


キヤノン EOS Kiss X2 マスターガイド


ノンオイル、ノンバターで作るパン&お菓子―油脂なしだから低カロリー! (マイライフシリーズ特集版)


バター、オイルなしでもこんなにおいしいふとらないパン

大好きなCD

“B”ORDERLESS 【初回限定盤】


20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~


21ST CENTURY BOOWYS VS HIMURO / AN ATTEMPT TO DISCOVER NEW TRUTHS


MISSING PIECE


Ballad La Pluie


THIS BOφWY

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

ブログジャンル

花・ガーデニング
カメラ

画像一覧