<   2011年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

羽化したアゲハ蝶 嬉しい旅立ち

d0001008_13284563.jpg

d0001008_13294375.jpg

d0001008_13301253.jpg


        6月6日に撮影したキアゲハの幼虫。オルレアの葉が大好物。
d0001008_13431299.jpg


先回のブログに嬉しい旅立ちがあったと書きました。6月25日の梅雨の肌寒い雨の日。アゲハ蝶が蛹から蝶になっていたのです。残念な事に蛹の時はわからず、旅立つわずかの時間だけ立ち会う事ができたのです。小学4年の時におたふく南天の枝の所で羽化したアゲハ蝶の観察以来だったでしょうか。あの時は真夏まっさかりでした。今回は梅雨。

家族全員で見守る中、羽化したアゲハ蝶は羽ばたく練習をしはじめました。ものすごい速さで羽を動かしては一休み動かしては一休み。それから雨の中ゆっくりと優雅に羽ばたいて旅立ちました。

旅立っていく姿、なんだか嬉しいのに寂しくなって一枚も撮らず見送りました。

今年の春、たちばなの木とオルレアにアゲハ蝶の幼虫がたくさんいました。種類は別のアゲハだったと思われます。色が違いました。オルレアの方はキアゲハの幼虫でした。オルレアの方のアゲハもたちばなのアゲハの幼虫も大きくなるにつれて目立つようになり鳥に食べられたりしたようで1匹、また1匹と姿を消して気づけば全滅したと・・・。そう思っていたのです。

なのでサプライズのように1匹が玄関脇の、やぶこうじの枝で羽化したという事は、ベンチの後ろに植えていたオルレアから一直線に歩いてきたのでしょう。オルレアからの幼虫だったとしたらこのアゲハ蝶はキアゲハかもしれません。

今頃どの場所を飛んで花の蜜を吸っているんだろうか・・・。近くにいるのかな。また庭に遊びに来てくれたらいいなあ♪。感動をありがとう。アゲハ蝶は、優雅で好きです。
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-30 18:49 | Diary

またよろしくお願いします。大好きなバーバスカム。

d0001008_834428.jpg

ただいま。ご無沙汰していました。昨日定例の点滴をしてきました。点滴をする前に採血検査の結果CRPが6.1ありましたがたぶん値がどかんと落ちている事と思います。赤血球が少し値が高いくらいであとは問題ないとの事。鉄欠乏性貧血も今回はひっかかりませんでした。定例の点滴の効果がやはり6週に入ると辛くなってきています。また6週すると辛くなるかも・・・。

右胸のしこりも先週無事のう胞とわかり、検査にだしているのう胞の液。電話がないので悪性の物でなかったようです。ほっとしました。あとは、もうひとつの膨れた個所のみです・・・。これも問題なければほっとできます。

薔薇の一番花が終わって剪定や肥料の作業も全部終わって落ち着きを取り戻しました。好きでいろいろとお迎えし気づくと多くなっていたのですが、小さな庭に薔薇の数が多すぎて。心が落ち着かなくなり薔薇に心を向けられなくて。このところ薔薇のお世話もなかなかできず大変申し訳ないなあと思っていました。

ハダニの被害やらチュウレンジに食べられている葉やハマキ虫がくるんでいた葉まで・・・。アブラムシも。でもBABYカマキリも大きくなってきたり、テントウムシの幼虫と成虫が食べてくれたりこの間はシオヤアブも来ていました。ニームオイルとキトサンととうがらしとニンニクをウォッカで抽出した液入りの木搾液を希釈した散布は定期的にしています。

薔薇に心が迎えなくなった時は、ぎぼうしやつわぶきとかホタルブクロとか優しい草花にばかり目が向いていました。とっても癒されました。田んぼの稲を見たり空と山を見るだけでも優しい気持ちになれました。少しずつパワーを蓄えていきました。

今日のTOPの写真は、バーバスカム・シックスティーンキャンドル。庭に植えているバーバスカム・ウェディングキャンドルの黄色い品種のようです。植えている場所が違うのでウェディングキャンドルより遅めに咲きだしました。

秋になったら、今の場所からジューンベリーのコーナーへ移植を考えています。私はこのたくましそうなバーバスカムの方が好きですが、今年はバーバスカムの葉に青虫がものすごくて見つけ次第テデトールしてます。ものすごい食欲。うらやましいかも・・・。本当絵本のはらぺこあおむしのようです。

最近嬉しい旅立ちを見届ける事ができました。今頃どこにいることでしょう・・・。この話は次にお話しできればと思います。

のんびりと更新していきます。また皆さんとお話できたら嬉しいです。
スナッフィー
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-29 08:34 | 宿根草・山野草

のう胞

記録のためこちらのブログに・・・。

5日前から右胸にスーパーボールの小さめの感じのしこりを見つけました。2年前に乳頭から分泌液が出てきて心配になりいつもかかっている総合病院の乳腺外科で見て頂き血がまじらなければ問題ないですよという診断でした。

今回も分泌液からは血がまじっていないので悪いものではないと素人診断したのですが頭によぎるのはずっとずっと悪い事ばかり。しこりが気になって。

こんな時にしなくてもいいのに身辺整理というかしているし・・・。落ち着かなくて。比較的早く乳腺外科の予約を入れて頂いて今日行ってきました。3cm大の、のう胞と小さめののう胞でポリープが確認できるとやっかいだけれど、ポリープがエコーで見てもないので、このまま様子を見るか抜く事もできるという事で気になるので抜いてもらいました。

薄い赤っぽい液が出て、いちよう検査をして異常があれば連絡がくるとのこと。異常がなければ、また様子を見ましょうとなりました。40歳になったらマンモグラフィーしてくださいねと言われました。もちろん調べてもらいます。

来週も病院通いが2回です。

運転中行きは不安でいっぱいでしたが帰りは力が抜けてほっとしました。とにかくほっとしました。
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-24 16:56 | 持病

休憩します。

d0001008_553754.jpg

d0001008_7305251.jpg

何も言わずに休むのは嫌だから・・・。ブログしばらくお休みにします。飽き症の私がこんなに長い事ブログをしているなんて思ってもみないことでした。疲れてしまい燃料切れ。。ちょっとここらで休憩しようと思います。しっかり休憩したらまたいろいろと綴りたいと思います。

再開する時はまたよろしくお願い致します。ここを見てくださっている皆さんによいことがありますように。コメント欄閉じます。

スナッフィー
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-17 05:54 | Diary

庭のクレマチス 大好きなカンムリキンバイ 庭作業

d0001008_19203899.jpg

薔薇が終わり新枝咲きのクレマチスの季節になりました。クレマチスは強剪定できるタイプが大好きでマロニエの前のフェンスにはマダム・ジュリアン・コレボンとベル型というかたこさんウィンナーのような踊り場を誘引していてとってもきれいなんです。退院して帰ってきた時につるががんじがらめで天空へ伸びて行くんではないかと思うほど放置されていたクレマチスでした。

がんじがらめを落ち着いてツルが折れないようにしてから誘引して無事咲いてくれてほっとしました。光と影のクレマチスの風景。

クレマチスはドクタールッペルを一番最初に迎えましたが今は管理がしやすいタイプを中心に育てています。

d0001008_19283243.jpg

薔薇と今年は入れ違うように咲きだしたエトワールバイオレット。写真よりもっと深い紫。小ぶりな花のサイズも好きだし本当に強い子です。

d0001008_1925172.jpg

一枚目の写真のマダム・ジュリアン・コレボン。濃い色だけれど深みのある大人っぽい赤系だと思います。これくらい目立つのもいいではありませんか。引き締めカラーです。

d0001008_19253146.jpg

踊り場は、かわいいピンク系。大好きなクレマチスです。クレマチス・アバンギャルドだけは一方的な私の方思い・・・。今頃他のお方たちと咲くはずだったのに今季も沈黙中。枯れたわけではなくて葉は元気だけれど、とっても気難しいお方なのか、咲くの面倒といってぐうたらを徹する人なのかどっちなんだろう。とっても素敵なクレマチスなのに・・・。なんとかしたいなあ。他のクレマチスと同じ管理をしているのに何かコツがあるのか・・・。

d0001008_1926981.jpg

上野ファームでお迎えして庭に植えているカンムリキンバイ。咲きだしました。新潟の夏は蒸し暑いので環境が厳しいのか私の育て方がよくないのかなかなか大株にならなくて大株にしたいカンムリキンバイ。昨年の夏の暑さで一苗が溶けてしまったみたい。幸い種蒔きして発芽した小苗があるので植えました。

上野ファームでは日当たりのよい場所に植えていたので、私も試験的に日当たりのよい場所に小苗を植えてみました。新潟の蒸し暑さでは過酷かもしれませんがもしかしたら成功するかもしれないですしやってみない事にはわかりませんものね。

暑くなるけれど蒸れにくい場所のマロニエのあるコーナー。大丈夫ではないかと思っています。バーバスカム・シックスティーンキャンドル、今年咲きそうにない苗を掘り起こして本当は植える時期ではないかもしれませんがバーバスカム・ウェディングキャンドルの場所へ連れてきました。移植したマロニエのある細長い庭の方がバーバスカムに向いている環境かなと思います。ここは宿根草コーナーにします。

More 庭仕事大詰め
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-16 18:55 | クレマチス

ルビー氏久しぶりの登場 6月の庭を彩る宿根草

d0001008_1912333.jpg

ルビー氏との微妙な距離。この距離は外で出会った野良猫との微妙な距離に似ています。「これ以上来ると逃げるよ」みたいな感じで階段の上から下にいる家来たちを見ています。「下にいこうかなどうしようかな」としばし上の方にいました。本当親バカなんですがルビーはめんこいですっ。ものすごい甘えん坊でない不器用な性格も愛しい。ルビーと私は似ている共通点が多いです(笑)。「一緒にするにゃ」と聞こえてきそうかな(^^ゞ。

d0001008_1974069.jpg

昨日婦人科のがん検診を終えてなんとなく気持ち悪い感じがして(胃じゃなくてね)やる気がおきなかったので水遣りをさぼりました。雨が降る空模様と思ったのです。予想通り降りました。この間は外れで次の日に慌てて水遣りしましたが今回は久しぶりによい雨でした。

朝には止んだので少し時間ができてカメラタイムです。この季節になると咲きだすバーバスカム・ウェディングキャンドル。普通のバーバスカムの種を蒔いて咲いた子もかわいくて女性的でしたが、この男性のように力強い姿のこのバーバスカムが私は大好き。穴場のHCダイユーエイトで購入した苗で宿根しました。

なんとなくバルタン星人みたいないでたちで、家では「バルタン星人」の名前で通っているほど(笑)。黄色のシックスティーンキャンドルはまだ咲きだしそうになくて。まだ色づかない蕾でスタンバイしています。やっぱりバルタン星人コーナーに移植しようかなと構想を練っています。

d0001008_1992549.jpg

d0001008_19104942.jpg

今季初開花でこの子いいなあと思ったのがレーマニア。インパクトあるかわいい子。ガーデン雑誌で素敵なお庭を作られていらっしゃるの方の庭で咲いていたのがものすごい印象に残っていて園芸店で見つけた時、連れ帰った子です。

今年は、昨年咲いて宿根したジキタリスはどの子も背が低めで咲いています。レーマニアと咲く白いジキタリスは去年は1m級だったのに今年は膝丈。これはこれで楽しむ。ネットで調べると宿根すると背が低めで咲くともありました。この白いジキタリスや、なおみんさんから頂いた種蒔きしたシノグロッサムと咲いていて実物で見た方が本当はもっともっと大好き。レーマニアは暑さが苦手という事で夏越しがどうなるかが課題です。

d0001008_19121582.jpg

最後はアルケミラモリス、宿根したジキタリスですが同じく丈が低いピンクの子、ばあちゃんぎぼうし、返り咲きのティアレア、みょうがの葉の風景。薔薇の季節はそろそろ終わり。あっという間だった春の一番花。二番花が咲くまでの間今咲いてい子、これから咲きだす植物へと庭の彩りがリレーしていきます。

More 薔薇の作業覚書
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-14 19:22 | 宿根草・山野草

薔薇咲く庭、ホタルブクロ咲く頃

d0001008_674630.jpg

d0001008_694093.jpg


花はあんまり?な父ではありますが、ツルバラが咲く頃とっても嬉しい気持ちのようでした。今日は朝から大笑いしたことが。

父:「あのさ、この塔のような、あけぼの薔薇ってきれいだな」
私:「ピンクってどの薔薇の事?」
父:「ほらっ、あけぼの薔薇はあれだ」

父がさかんに、あけぼの薔薇と言っていたのは、つる春がすみの事でした。実生で今年初開花した姫小町の事を言っているにしては、塔だとかいうから変だなと思ったんですよ。あけぼのって言うと、横綱だった曙を思い出して、つる春がすみを見るたびに曙を思い出してしまい笑いが止まらなくて(^^ゞ。もっこう薔薇をモンゴル薔薇と真面目に言っていた父。今後はどんな事を言い出すのか・・・。

TOP写真は西日があたる場所に植えているザ・ピルグリムとアンジェラの早朝の写真。この場所はこの写真を撮った時間より早い朝の静けさが好きです。なんともいえないけれどはっとします。

二枚目は大好きなホタルブクロ。青い子でとってもきれいです。ホタルブクロ大好きな佇まいです。最近庭にこういう可憐な子がいると心が落ちつきます。なのに、耳元でぶんぶん蚊がうるさい・・・。蚊の季節ですね。暑いだけならまだ我慢できるのですが暑い上に蚊なのでちょっと苦痛です。日本の夏蚊取り線香の季節到来ですね。

More 続き
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-13 19:48 | 庭の花・ガーデニング

ジューンベリーの赤い実のなる頃 ブラックベリーの花

d0001008_12181982.jpg

ジューンベリーの木に赤い実がなりました。私は6月生まれなのでジューン=6月に赤い実をつけるこの木をお迎えしたいと思いました。3年大きな鉢植えで育てましたがこの春に地植え。

地植えにしたらすくすくと育っています。入院していた4月から5月上旬に花が咲きだして残念ながら今年は花を見る事ができませんでした。その代わり赤くなってきた実を見る事ができ収穫楽しんでいます。とってもかわいい実。ルビーの宝石みたい。ジャムにできるくらいはまだまだだけれど、大きくなりますように。マイガーデンで拝読したシンプリーガーデンさんのジューンべりーの木とっても素敵でした。

鳥は赤い食べごろの実をすぐわかるのは優れた能力。もって生まれた食べごろを知る知恵。鳥より早く赤い実を収穫しなくてはと朝一番に収穫します。

d0001008_12191592.jpg

薔薇の早咲きの一番花が終わりを迎える頃にブラックベリーの花が咲きだします。野薔薇のような可憐な花。パステルピンクがかるブラックベリーの花は可憐です。今の季節にいっせいに花が開花し8月上旬に黒みがかった酸っぱい実になります。この季節は蜂が受粉作業を頼んではいませんがせっせかせっせかと頑張っています。昨年も多い実でしたが今年の実も期待できそうです。

来年実がつくシュートも何本も出てきています。刺がないので誘引もしやすいです。実ですが、生で食べる事ができるけれど粒粒していてとにかく酸っぱいので私は加工して楽しむ派です。シロップにして楽しんだ事もありこれが一番楽な加工品ですが、ジャムが一番好きかな。一手間かけて裏ごしして作るジャムは粒粒が気になりません。

きれいな深みのある色したジャムが好き♪。トーストしたパンに塗ったり、プレーンヨーグルトやヨーグルトアイスの上にソースにしてかけたのもとってもきれいで美味しいです。贅沢な季節限定のジャム。食べる事ができる実のなる木も大好きです。

More 庭仕事も大詰めに。
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-13 06:22 | ベジタブル・果樹・花木

2011年春のレオナルド・ダ・ヴィンチ

d0001008_15544529.jpg

一番花が終わったもの。カーディナル・ドゥ・リシュリュー、マダム・アルディ、エドガー・ドガ、
イモータル・ジュノー、パット・オースチン、ブルーライト。散りだしたツル薔薇はスノーグース、サハラ’98、ザ・ピルグリム。まだ咲いている子は残していますがあっという間でした。なんだか心がぽっかりと穴が空いたようです。

d0001008_15555353.jpg

庭で遅咲きの薔薇と言えばレオナルド・ダ・ヴィンチ。カミキリの幼虫テッポウムシに入られましたが(この写真だと左側)薬剤で駆除できたようであれからはオガクズが出てきていません。写真で見ると被害に合っているとは思えないほど今年もたわわに咲いています。花保ちがいいのも好きです。

      細長い庭なのでアーチ全体の写真を撮るのは一苦労。
d0001008_15571316.jpg


   いつも仲良しで咲いています。
d0001008_1558548.jpg


         雨上がりの田んぼと山と空とレオナルド・ダ・ヴィンチ
d0001008_1601215.jpg


More たらこ・・・
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-11 16:08 | レオナルド・ダ・ヴィンチ

しのぶれど咲きました。

d0001008_1814636.jpg

まみさん、しのぶれど咲きましたよ~。ものすごく大好きな香りでかわいいの。大切に心をこめて育てていきます~。母もね、とってもきれいな薔薇だねって言っていました。しのぶれどを見るとまみさんのことを思い出します。まみさん素敵なしのぶれどありがとうございます。

手前の青いお花はなおみんさんから頂いた種からのビスカリア。とってもきれいです♪。
[PR]
by atelierfloralruby | 2011-06-10 18:14 | FLしのぶれど


ダイアリーや作品、ガーデニング、好きなものについて書いています。


by atelierfloralruby

プロフィールを見る
画像一覧

リンク集

フォロー中のブログ

みどりのある暮らし 【...
今週のピックアップブロガー
+++carefree ...
匂いのいい花束。ANNEXE。
WAON~小さな庭と…
wiwiの気まぐれ日記
ひとり言
福士 誠治のブログ
KazのNY庭生活 2
Bon Copain!
Mimosa Garde...
野良っ猫写真日記
カエルのはんこ工房
『ガーデン&ガーデン』編集手帖
音描キ屋サン
マトリョーシカ
心はいつも。。。
まわりみちして
バラと緑の館 (No.2)
バラと遊ぶ庭
田舎でまったりと過ごそう~♪
hibariの巣
My little ga...
poan-de-kibun
ROSE DECO
ケセラセラ~家とGREEN。
りえんぞうのあれやこれや・・・
まとまりの無い庭 exc...
Tsugumi's Diary
ふたつの庭
*小さな幸せ 小さな喜び*
tannune
My Precious ...
Chiku-Taku ...
IL EST TROP ...
てんてんさんの薔薇だより
EAM photo
りきの庭
CINQのひとりごと  ...
あけの秘密の花園

カテゴリ

全体
Diary
猫のルビー
庭の花・ガーデニング
バラ
クレマチス
クリスマスローズ
一年草
宿根草・山野草
球根
ベジタブル・果樹・花木
料理・パン・スイーツ
喫茶店・カフェ・レストラン
バラ園・フラワーパーク
旅行・おでかけ・散歩
いただきもの
ガーデングッズ
Canon EOS Kiss X2
大好き氷室京介
ER パット・オースチン
ER ザ・ピルグリム
ER スノーグース
ER L.Dブレスウェイト
ER ジェフ・ハミルトン
ER イモータル・ジュノー
ERウィリアムシェークスピア2000
OLD Mme.Hardy
OLDカ-ディナルドゥリシュリュー
FL ほのか
FL アプリコット・ネクター
FLしのぶれど
HT ブルーライト
HT プリンセス・ド・モナコ
CL サハラ’98
CL 春がすみ
CL アンジェラ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
エドガー・ドガ
ミッドナイトブルー
多肉植物・観葉植物
持病
大好きな益虫
薔薇 キトサン+ニーム、その他
外で出会った猫
Deuil de Paul Fontai
ミルフル
園芸店
大好きなものや大好きなこと
Frederick II世
Rei
ファッション
OLYMPUSPENLite E-PL6
野の風景・野の花
I LOVE Niigata

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ライフログ


イングリッシュローズのすべて


バラの庭づくり


ケイ山田のイングリッシュガーデン―庭はもう一つの部屋


つる植物のガーデニング―仕立て方・楽しみ方


キヤノン EOS Kiss X2 マスターガイド


ノンオイル、ノンバターで作るパン&お菓子―油脂なしだから低カロリー! (マイライフシリーズ特集版)


バター、オイルなしでもこんなにおいしいふとらないパン

大好きなCD

“B”ORDERLESS 【初回限定盤】


20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~


21ST CENTURY BOOWYS VS HIMURO / AN ATTEMPT TO DISCOVER NEW TRUTHS


MISSING PIECE


Ballad La Pluie


THIS BOφWY

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

ブログジャンル

花・ガーデニング
カメラ

画像一覧