<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

イングリッシュデージーの移植、ファルダを植える、インパチェンスの鉢を移動

今日は朝食を食べてから、イングリッシュデージーの種が発芽して成長していたので、移植作業してました。¥80個くらいあったかなあ。たくさんあって大変だったけれど楽しい作業でもあります。まだ小苗ですが春に一面に咲くのを思うと作業も進みます。

蚊も急に寒くなり勢力が衰えてきてほっとしてます。今日は、この間購入したキリンから出ている「ファルダ」という花(スペインで誕生したカルネリアという品種のようです)詳しくはこちらのHPで見てくださいね。http://www.kokochikaika.com/lineup/l_falda.html
多年草だったので購入し植えました。この苗の説明ラベルの絵が黒猫で絵にひかれて買ったんです。

多年草扱いの白いアリッサムも花が一段落したので切り戻しました。この間SHOPの入り口にヒューケラのシルバースクロールとカラメルを植えたのですがその後ろがさびしくて、鉢植えしておいたインパチェンスを持ってきました。少しはきれいになったかなあ。パステル系のインパチェンスだったのでパンチ不足かなあ。ローズピンク、レッド、オレンジ系のインパチェンスだと素敵ではと思いました。来年の課題です。

それにしても、ヒメツルソバが雑草のようにあちこちで勢力を強めてます。

種から育てているパンジーやビオラも元気もりもりです。途中移植のダメージやネキリ虫に駄目にされたものもあったけれど涼しくなってほっとしてます。

次回の作業は、プリムラ・マラコイデスの移植です。非常に混み合ってます。根にダメージ与えないように丁寧な作業をしなくちゃ。
[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-30 13:49 | 庭の花・ガーデニング

ヘブンリーブルーと彼岸花

d0001008_895753.jpg

西洋朝顔ヘブンリーブルーです。一株の苗でたくさん咲いてくれています。この色が好きなんです。葉を丸坊主にするお尻に角がある蛾の幼虫が発生するので、丸坊主にされている場所をよく見るといるんですよ。

割りばしで捕まえて補殺しておりますが、虫も必死でなかなか離れないほど強力な力。なんとか駆除できたと思うのだけれど何せ同じ色しているのでわかりにくいんです。

そして、今頃咲く「彼岸花」。今住宅地の庭で見かける季節の花。きれいな色です。彼岸花というといつも思いだすのが「ごんぎつね」のワンシーンです。小学4年の時の国語で習った「ごんぎつね」ですが今の小学校でも「ごんぎつね」まだ扱っているのかなあ。

d0001008_8175025.jpg

[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-27 08:18 | 庭の花・ガーデニング

4歳になりました。

先週ウェットティッシュ飲みこみお腹の中に入ってやっとこさ吐いて具合が治ったルビーが今日4歳の誕生日を迎えることができました。吐いてから具合がよくなり、フードも食べて水もごくごく飲みおしっこもうんpもちゃんと健康体です。本当によかったぁ。

どこかにいるルビーの姉妹2匹も飼い主さんに誕生日を祝ってもらえているでしょうか。人間の年だと32歳。おっさんにゃんこにとうとうなりましたが、いまだにじゃれております。昨日の夜は肌寒く、私の足の上に寝ていたので漬物石のようでした(^^ゞ。落ちてもまた私の足の上で眠ってました。真夜中にフードを食べて大きなうんPをして起こされルビーの手足とお尻を拭いて時間を見たら3時。それから眠れずやっと眠れたと思ったら政治家の麻生さんが夢にでてきてました。なぜに麻生さんがでてきたんだろう。

それにしても、ウェットティッシュ事件でもしかしたら誕生日を迎えるまえに死んでしまうかもと思ったのですが、無事晴れ晴れした気持でルビーの誕生日を祝うことができます。

「ハッピーバースデイ、ルビー。長生きしていつまでも一緒にいようね」どれだけルビーに伝わっているか?ですがたぶん理解しているかもです。その前にルビーが誤植・誤飲しないように徹底しないとです。
[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-27 08:00 | 猫のルビー

ベゴニア、エンジェル・ラベンダー、ハイビスカス

ルビーの具合が落ち着いたので(たぶんウェットティッシュが原因だと思うが今後も状態をチェック)庭の花々です。

ルビーが具合悪くなる前に撮影しておいたので今日UPしますね。

                        「ベゴニア」
d0001008_1758585.jpg

6月に花壇に4株植えました。赤やピンクのベゴニアが好きです。夏の暑さも丈夫です。


                     「エンジェル・ラベンダー」
d0001008_17595967.jpg

この花は5月中旬に2株植えました。夏の暑さにも強いのでお勧めです。花期も長いのでお勧めの植物です。

                     「ハイビズカス・オリヒメ」
d0001008_182395.jpg

育てて2年目です。新潟の冬越しを室内で過ごし5月に外に出しました。今年はたくさん咲いています。かわいいパステルピンクが大好きです。

                      「SHOP付近の風景」
d0001008_1863780.jpg

SHOPエリアの風景です。少しずつ植物を植えていき少し感じがでてきました。将来的には、ルイーズ・オーディエと思い購入したけれど白バラが咲いた株を掘り上げて鉢に移植し、土壌をよくしてからルイーズ・オーディエを植えなおして壁に誘引したいと思います。
[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-22 18:09 | 庭の花・ガーデニング

ルビーがウェットティッシュを吐きました。

ルビーの具合です。木曜日に診察してレントゲンをしてもどこも悪くなく薬を処方されたので様子を見てましたが、食欲なしでうんちもしません。木曜と金曜でうんちはしないでおしっこが1回ずつ出ました。

今日も食欲がないので、朝一で診察に行き、また口の中を診察してもらいましたがどこも悪くないし先生も首をかしげて。血液検査をしたのですがどこも異常がなくて。

脱水症状になるので点滴をしてもらいました。家に帰ってきても「にゃーん」と鳴いていて。セカンドオピニオンも考えようとしていたのです。

そうしたら、先ほど母が2階のルビーの部屋にうんちがあると言って何にも食べていないのにどうしてうんちがでたのかと思って母がよく見るとうんちではなくて、吐いた物体が。毛玉かと思ったら、いつもルビーがうんちした後に手足とお尻を拭くウェットティッシュだったんです。白いウェットティッシュが胃の中にあったのかグレー色になってました。

レントゲンでは見つからなかったウェットティッシュ。写らないのでしょうか。ぴたっと体の中にくっつくと見えないのかもしれないです。

これがお腹の中にあったから違和感がずっとルビーにあったのかもと思うと「ごめんね」ってみんなで反省しました。ウェットティッシュの管理を徹底しないといけないと本当に思いました。手足を拭いた後は必ずゴミ箱に捨てるのですが、もしかしたらルビーがゴミ箱をあさって食べたのかもしれません。現場を見なかったのでわからないですが。

ティッシュペーパーやウェットティッシュ、セロハンやプラの包装なども噛んで食べることも今後考えてやはりルビーが出入りするエリア全部に誤飲・誤植するようなものを置いたりしてはいけないと反省です。

家族で徹底的にしないと家族の一員のルビーが苦しい辛い思いをしてしまう。ウェットティッシュを吐いてから食欲が出てきたみたいでフードを食べてくれました。また様子を見て、月曜日に病院で経過報告をして先生に診察してもらおうと思います。

KAZUさん&アイさんご心配おかけしました。
[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-22 17:25 | 猫のルビー

ルビーが(>_<)

昨日の夜まで普通にフードを食べていたのに、今日の朝からなんか変だ。いつも食べていたフードを口にいれてもぽろぽろそのまま落してしまう。食べに行くけれど結局ぽろぽろ口から落ちてしまうので、近くまで行くのに諦めて戻る。

以前他のにゃんこのブログで歯肉炎や口内炎でフードを食べられなかったということを思い出しもしかしたらと思い今日朝いちで病院へ行ってきます。

ルビーは私にとって一番大切なので、ルビーの具合が悪いと私も落ち込んでしまいます。大丈夫だといいのだけれど。

帰ってきてからまた、この記事にコメントします。

病院から帰ってきました。先生に診ていただいて熱も大丈夫、お腹の音も大丈夫、歯も口内炎や歯肉炎などではなくきれいということだったのですが、レントゲンをしてもらいやはりどこも悪くありませんでした。

もしかしたらレントゲンに炎症は見えないものの少し炎症があるかもしれないということで、炎症をおさえる薬を注射・飲み薬を処方されました。様子を見てくださいということです。

家に戻ってきても、フードは食べないで疲れて寝てしまいました。口に炎症がある場合、診察時にルビーがシャーシャー威嚇していたのですがこういうことができないようです。治りますように。

PM5:10。続きを書きます。やはりルビーは具合が注射したからかずっと寝ていて起きてきたけれど、フードのところへ行っても食べようとしてもまたフードが口からこぼれてます。そして水も飲まないのでおしっこもしなくて。心配です。夜に処方された薬を飲ませて様子をみますが。どこも異常ないと言われても明らかにどこか変だと思うのです。

ルビーはしゃべることができないので、私はどこが変なのかわかることができません。明日起きたらいつものルビーで具合もよくなってフードも問題なく食べて水も飲んでおしっこしてもらいたいです。

心配でどうすればいいんだろう。
[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-20 08:08 | 猫のルビー

コリウス&ハイビスカス「オリヒメ」&猫ギャング「ルビー」

d0001008_833460.jpg

SHOPに植えていた特値のサルビアがこの間SHOPの壁に看板を父に取り付けてもらった時に父が折ってしまいお亡くなりに。

今日SHOPの庭のあたりを日がさしこまなくなった夕刻に撮影してみようと思います。朝日がさすので反射するので写真撮影って本当に難しいですね。

SHOPの壁面前に、プランターを置いている。コリウスです。6月にハルディン篠原から販売している「ときめきリンダ」を2株、名無しの安めの値段で購入した普通のコリウスを1株植えています。下にわさわさと生えているのが、「ワイヤープランツ」。ものすごく強健なグリーン。小さな花が咲きます。これは義姉が母の日にプレゼントした寄せ植えバスケットの中にあった小さなポリポットにあったものがこんなに増えたのです。

この写真より左側にまだ生えまくっています。どのくらい増えるのかと思うくらい雑草のような勢いです。プランタースタンドもっとおしゃれなもので頑丈なのが欲しいのだけれどないんです。以前桂田先生の前のお教室の玄関近くのエリアに素敵なレリーフつきのプランタースタンドがあったんです。桂田先生はおしゃれな方なのでやはり選ぶものもおしゃれで、「こちらはどこでお求めですか」と伺いたかった程だったんです。でも試験で伺っていたので緊張しまくりで伺えないまま今に至ります。今も記憶にあるんですよ。素敵だったなあ。

話しは元に戻ってコリウスの話です。我が家では、地植えより鉢植えのほうが、コリウス元気なんです。生育がよいのでじゃんじゃん伸びてくるので摘芯しながら形を整えています。摘芯したコリウスは挿し穂にすると株が増やせるので重宝します。生命力抜群です。

夏から秋はコリウスが一番元気みたい。そして、昨年購入したピンクのハイビスカス「オリヒメ」も今年は生育がよくなり元気です。一時、咲かないかもなんて思ったけれど8月に入り咲き始めました。どうも我が家の植物はスローペースで咲きます。私がスローだからか?!。

ハイビスカス、冬越し外でOKなら助かるけれど寒いので冬越しは家の中で。これも猫のルビーに襲われる植物なんですよね。多肉も何度も駄目にされて、お亡くなりになったことか。トックリらんも幹によじ登って猿のようにしならせるし(笑)。怒ると噛まれるし。

そんな猫ギャング「ルビー」です。すごーく不機嫌な愛想がない顔です。実物は本当はかわいい&かっこいい子なのに(^^ゞ。眠っていたところを私がカメラで撮影始めたので怒ったんですよね。ごめんね、ルビー。
d0001008_8334278.jpg

この間留守にした際にペット病院へ預けたのがよっぽどこたえたようで最近いように「にゃーーん」と鳴いてばかりです。今この写真を見て毛並みが、ちょうど前部分が色が濃くて「よだれかけ」みたい(爆)。
[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-19 08:15 | 庭の花・ガーデニング

西洋朝顔ヘブンリーブルー

d0001008_8142069.jpg

毎朝リビングのカーテンを開けると西洋朝顔のヘブンリーブルーのアーチを眺めて清らかなブルーに心が落ち着く。写真は2階の部屋から撮影してみた。

つるばらのレオナルド・ダ・ヴィンチがまだ生育過程でアーチの上のほうが空いていてさびしいので一株だけのヘブンリーブルーが育ち咲いている。お盆あたりから咲き始めて9月になり少しずつ咲く数が増えてきた。

最初育てた時は晩秋まで咲いた西洋朝顔。さすがに新潟の晩秋は寒くてこの清らかなブルーが寒色で寒さを感じ抜いたのだけれど、今年は何月まで咲いてくれるのかなあ。フェンスのほうのヘブンリーブルーは少しだけ咲き始めてきた。

目が悪くメガネっ子な私は、ヘブンリーブルーにつくいも虫がわからずにいた。昨日母が、たくさんヘブンリーブルーのつるから葉にかけて緑のお尻に角がある虫がいたから捕まえて補殺していてくれて助かった。

葉と同じ色なのでわかりにくい。たぶんスズメ蛾の幼虫みたい。以前も朝顔やノウゼンカツラの葉を食べて大変だった。

昨日は、SHOPの壁に小さめの看板を取り付けたのだけれど、物置小屋の前にある大きなオベリスクが邪魔で見えにくいので母とオベリスクを撤去した。ここにはクレマチスのモンタナ2種が誘引しているんだけれど、蒸し熱い中つるをはずし、オベリスクを抜き取り小さめのオベリスクを設置してまた誘引した。

つるをほどくのに折らないように集中して絡まったつるをほどくのに大変だった。イライラしてきた頃に蚊がきてさらにイライラ。蚊のいない時(10月後半から11月)にすればいいじゃんと正直思った。母は、すぐ実行する人なので逆らえず(^^ゞ。

で、やっとつるを巻きおえてほっとしました。結局看板もよく見えて「母の言う事は間違いなかった。早くしてよかったかも」と心の中で思いました。口に出して言うとさらにいろいろと言いだしてくるのでやめた私。

今日もまた仕事頑張ろう。
[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-18 08:47 | 庭の花・ガーデニング

憧れの寒河江に会えた。

一昨日母とランチを食べに行き帰りに新潟のエデンへ。園芸屋さんで私がよく行く場所の一つです。その日は看板猫に会えませんでした。残念。誰にでもフレンドリーなにゃんこなので大好きなんです。

最近ギボウシが好きで、2品種育てているのですが中でもギボウシの「寒河江」がどうしても欲しかった。以前NHKのガーデニング特集かなんかで外国人のガーデナーがギボウシに夢中ということで「寒河江」の大株を見てからもう夢中になりました。

が、なかなか大手園芸カタログに登場しなかったり、ひとつでいいのに2株からの販売だったり一株でもサイズが小さめなのに高かったりで私的に「高値の花」だった「寒河江」。

先週立ち寄ったときのエデンさんにも寒河江はなかったのでギボウシコーナーチェックしなかったら、母が「あんたの欲しがってた寒河江があったよお」と。で、即購入しちゃいました。新潟で出会えるチャンスはめったにないと思いましたよ。

で、何個かあった中から4号ポットの生育のいい、形のいい寒河江を選んで家に連れてきてました。よかったぁ。

実を言うとランチのレストラン、女性客が以前から入っていくのでおいしいのかと思い入ってみたら、味が「しつこい」。しつこい濃度だし、味もいまいち。団体客のおばちゃんグループの「ギャハハハハ」大声笑いで頭が痛くなって落ち着いて食べることができませんでした。メニューにない持参品のスナック菓子をとりわけるお皿にいれて食べていたし。

私が神経質すぎるのかと思ったけれど、母もそうだった。電車の騒音のようにガヤガヤがひどかったのです。二人して「耳が痛いよ~」で気分転換するためにエデンさんに行ったんです。はっきり言ってしつこい味に¥2000以上支払うなら何年も育つ宿根草とか長く咲いてくれるお花を購入したほうが絶対よかったぁと思いました。

まあこのレストランに行かなければ寒河江に会えなかったのでよしとしましょう。そのレストランのある一帯にある飲食店いまいちなのでおいしい+お腹に優しいレストランを開拓しなくては。
[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-14 08:36 | 庭の花・ガーデニング

昨日の庭仕事

昨日はプリムラ・マラコイデスとハンギング用にと新たに購入したパンジーの混合種の種まきをした。味美菜の葉に虫の食べあとが。犯人は青虫と青虫の黒いバージョンとカタツムリ。青虫はもう手で補殺していく。気持ち悪いけれどまだ小さな幼虫なのでなんてことはない。つぶしていくのが一番早いと思う。

害虫を補殺した罰なのかバラの葉の裏にいたイラガの毛虫に手をさされて痛かった。電気ショックのような痛みがと思って葉の裏を見たら同じ葉の色のイラガ。すぐに虫さされの薬を塗る。
ぷくーっとふくらんでくる。一晩経つと今度は痒くなってくる。

SHOPのほうも、花苗を植えた。教室・SHOP名になっている「アリッサム」で縁取りをした花壇にベゴニア5種類と赤のサルビア4株の¥480苗。サルビアが一株たったの¥30だったので購入。ベゴニアも安かったし。晩秋までなんとか咲いてくれるかな。

少しのエリアだけれどきれいにしたいし。花のアートを描いているから花に囲まれたいし。春から大鉢で育てていたフロックス「キャンディボックス」の花数が少なくなり株自体も弱くなってきたので、インパチェンスに植えかえた。

インパチェンスは大好きな花ベスト5には入る我が家にかかせない花。夏場は暑さと梅雨で弱くなっていてどうしよう状態だったけれど夏の暑さが和らいでやっと元気になってきてほっとする。来年は切り戻した茎を挿し穂にして増やして苗で育苗させて大きくしてから初秋に植えるという方法にしてみると夏の暑さのダメージにはいいかもしれない。
[PR]
by atelierfloralruby | 2007-09-10 07:43 | 庭の花・ガーデニング


ダイアリーや作品、ガーデニング、好きなものについて書いています。


by atelierfloralruby

プロフィールを見る
画像一覧

リンク集

フォロー中のブログ

みどりのある暮らし 【...
今週のピックアップブロガー
+++carefree ...
匂いのいい花束。ANNEXE。
WAON~小さな庭と…
wiwiの気まぐれ日記
ひとり言
福士 誠治のブログ
KazのNY庭生活 2
Bon Copain!
Mimosa Garde...
野良っ猫写真日記
カエルのはんこ工房
『ガーデン&ガーデン』編集手帖
音描キ屋サン
マトリョーシカ
心はいつも。。。
まわりみちして
バラと緑の館 (No.2)
バラと遊ぶ庭
田舎でまったりと過ごそう~♪
hibariの巣
My little ga...
poan-de-kibun
ROSE DECO
ケセラセラ~家とGREEN。
りえんぞうのあれやこれや・・・
まとまりの無い庭 exc...
Tsugumi's Diary
ふたつの庭
*小さな幸せ 小さな喜び*
tannune
My Precious ...
Chiku-Taku ...
IL EST TROP ...
てんてんさんの薔薇だより
EAM photo
りきの庭
CINQのひとりごと  ...
あけの秘密の花園

カテゴリ

全体
Diary
猫のルビー
庭の花・ガーデニング
バラ
クレマチス
クリスマスローズ
一年草
宿根草・山野草
球根
ベジタブル・果樹・花木
料理・パン・スイーツ
喫茶店・カフェ・レストラン
バラ園・フラワーパーク
旅行・おでかけ・散歩
いただきもの
ガーデングッズ
Canon EOS Kiss X2
大好き氷室京介
ER パット・オースチン
ER ザ・ピルグリム
ER スノーグース
ER L.Dブレスウェイト
ER ジェフ・ハミルトン
ER イモータル・ジュノー
ERウィリアムシェークスピア2000
OLD Mme.Hardy
OLDカ-ディナルドゥリシュリュー
FL ほのか
FL アプリコット・ネクター
FLしのぶれど
HT ブルーライト
HT プリンセス・ド・モナコ
CL サハラ’98
CL 春がすみ
CL アンジェラ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
エドガー・ドガ
ミッドナイトブルー
多肉植物・観葉植物
持病
大好きな益虫
薔薇 キトサン+ニーム、その他
外で出会った猫
Deuil de Paul Fontai
ミルフル
園芸店
大好きなものや大好きなこと
Frederick II世
Rei
ファッション
OLYMPUSPENLite E-PL6
野の風景・野の花
I LOVE Niigata

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ライフログ


イングリッシュローズのすべて


バラの庭づくり


ケイ山田のイングリッシュガーデン―庭はもう一つの部屋


つる植物のガーデニング―仕立て方・楽しみ方


キヤノン EOS Kiss X2 マスターガイド


ノンオイル、ノンバターで作るパン&お菓子―油脂なしだから低カロリー! (マイライフシリーズ特集版)


バター、オイルなしでもこんなにおいしいふとらないパン

大好きなCD

“B”ORDERLESS 【初回限定盤】


20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~


21ST CENTURY BOOWYS VS HIMURO / AN ATTEMPT TO DISCOVER NEW TRUTHS


MISSING PIECE


Ballad La Pluie


THIS BOφWY

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

ブログジャンル

花・ガーデニング
カメラ

画像一覧