<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

庭剪定

先週の水曜日から入院したのにあっという間に庭は梅雨の雨降りでじゃんじゃんになっていた。クレマチスの蔓なんて延び放題で、蔓をほどいて誘引するが上手くしないと折れやすくてじゃんじゃんになっていたので折れたところは剪定。この鉢植えにしているものは、強剪定OKなので管理は大雑把なのだ。

そしてバラの花がら摘み。もうバラはひどすぎ。葉が黒点病だらけだし、梅雨だからニームオイルとかで散布することができないし晴れの日に母に頼もうと思ったけれど希釈率とかで間違えて枯らして私に烈火のように怒られるのが嫌だと常日頃言われているのでもう今年のバラは諦めだ。

それでもつるバラの伸びたシュートをアーチに折れないように丁寧に結わえておいたり、ハンギングバスケットのサフィニアなどは雨に強いとはいえもう苗がしゅなしゅな状態。梅雨の頃のサフィニアはかわいそうで毎年育てるのを止めようと思うけれどいつも育ててしまう。からっとした気候の世界に住んでいる人が羨ましい。この季節は特に強く思う。

アブチロンのチロリアンタイプも伸びまくっていて混み合っているところを剪定して誘引。そして、クレマチスのモンタナ・フレッダが鉢が乾きすぎていて葉や蔓がしゅわしゅわ状態。水を与えたが今後復活してくれるかどうか。母に水やりをお願いしたのに忘れていた。置き場所が半日陰の軒下なので雨にあたりにくいエリアなのだ。

庭は、手入れしないともうひどい惨状になる。先週の入院は単なる食事が低残さ食に切り替わっただけと、血液検査1回だけしかしないのと単なる話しを聞くだけの非常に病室のベッドにいて暇過ぎる時間をただ過ごしただけだった。今週から治療方法が決まったので治療することになる。

庭仕事はこの外泊が終わればできないので、今日発売の「BISES」を読んで秋からのガーデニングを考えようかなあ。先週は急いでいたので仕事道具持って行けなかった。明日は画用紙やトレーシングペーパーなど持参して作品の下絵を鉛筆で描こうと思う。

雨がまた降ってきた。雨が止んだら種からのトレニアが本葉4枚になっていたからポリポットに移植しておかなくては。今やっておかないと時間がない。炎症反応が悪いくせに好きなことには頑張ろうとしていしまうこの性格少し押さえないといけないだろう。

家に帰ってきてからも、ちゃんと低残さ食を作って食べている。しかし、野菜はペーストにするので赤ちゃんの離乳食だ。今日の朝ご飯。お粥、具なし味噌汁、はんぺんの煮びたし、かぼちゃのペースト、低脂肪ヨーグルト。だいたいこんなようなものが毎食のメニュー。油はほとんど使われていないだろう。焼いたり揚げたなんてことしたものは絶対出てこない。しかも肉はでず魚のみ。

でもこれしか食べられないと思えばこういう味のほとんど薄い食べ物もおいしく感じる。絶食よりは断然にたとえおいしくなくても低残さ食を食べられることは幸せだと思う。世界には食べたくても食べられない人間がいる。そのことを思うと自分は持病があり毎日辛い時があるけれど食べることができる。幸せだと思い感謝しなくてはいけない。
[PR]
by atelierfloralruby | 2006-07-16 11:30 | Diary

入院中、一次外泊中でルビーと嬉しい再会

しばらく持病の治療の為ブログ更新できません。水曜日から今日の午前まで入院して今日から3連休で医師がこないので、まだ治療していないので外泊することになり戻ってきました。また連休最後の夕方から入院です。

とうとうレミケードという薬を使うことになりました。最近ストレスもあり調子もいまいちで入院した時に炎症反応を調べたところCRPが7.18でした。本当はレミケードと似ている他のまだ日本では認可されていない新薬を治験ということで今回の入院でしたが、コーディネーターのお話を聞いて、時間がかかるということと、新薬を投与する基準があり1周間実施して基準に満たないと投与できないこと、また新薬は3種類あり薬ではないダミーのものと、あとは新薬の量の違いがあるもの2種類で、シャッフルされてどれがあたるかわからず医師もその薬剤がダミーのものか、また新薬のどちらかもわからないこと。

3回まずは投与するということだったが、最初から運良く薬剤の量の値が多いのがあたればいいのだが、万が一運が悪くダミーだった場合3回投与後に今度は新薬を投与できるとのこと。まず、投与可能かどうかに1週間、さらにダミーがあたった場合確実に時間の無駄である。なぜダミーとか新薬の量の値が違うのが合計3本かというと、実験ということと、もし新薬でないということが最初からわかれば(逆に新薬である場合も)効果が現れにくいというか心理的な部分の結果がでるらしい。

母と話し合ってこの新薬の治験をするのをやめました。その後選択肢を選ばなくてはいけず、IVHだと時間がかかるということと、エレンタールだけで生活するというのも現段階下痢で悩んでいるので駄目で、プレドニンは主治医があまりすすめないことでレミケードを選択するしかないのでレミケードをすることにしました。

とにかく調子が悪いので状態をよくして、また活動をしたいし、とにかくルビーと早く生活したいのです。この数日の入院ですらルビーに会えなくて辛かったです。母には、あきれられましたがルビーの写真をしのばせていたし。母が病院に来るとルビーが元気がないんだよ。食欲もあんまりで、あんたが入院したのがわかるのかね・・・と。

外泊で2泊3日ですが、ルビーをかわいがろうと思います。ルビーは私が帰ってきたら元気よく出迎えて暴れるし、寝るしでしたが、両親が買い物に行ったら起きてきて私に甘えて撫でて攻撃してくれました。ルビーは、私が一人の時でないとこういう甘えをしてこないのです。

頭いいこいいこ撫でがとにかく大好きでずっとごろごろ。ずっと会えなかったからルビーも私に会いたかったのかもしれません。すごく世界一かわいいルビーでした。また病院に行く時ルビーと離れるので辛いですが、ルビーもわかって私の足を両手で挟んで阻止しようとするのです。しかしこれをされて爪でひっかかれて傷になりました(涙)。痛いけれどかわいい傷です。

ルビーのためになるべく早く退院しなくては。薬の副作用もあるので、副作用がでないことを望んで行ってきます。
[PR]
by atelierfloralruby | 2006-07-15 14:40 | Diary

FIFAワールドカップ イタリア優勝

イタリアがFIFAワールドカップ2006優勝しました。試合を見ていてフランスとは五分五分でした。後半終了近くにアレッサンドロが出場したのですが、この試合では彼のゴールが見られず残念でした。が、PK戦にもつれこみ、アレッサンドロもPKでゴールを決めてかっこよかったぁ。

しかし、マテラッティとジダンの試合とは関係ない頭突きのレッドカード一発退場。何があったのかわかりませんでした。一瞬パフォーマンス、何この映像となりました。マテラッティがジダンのユニフォームをつかんでいたのと関係あるのかどうか。それぐらいなら他の選手もやるし。

でもジダンがマテラッティから前に進んでいきなり彼に振り向き頭突きです。映像ではわかりにくいけれど何かマテラッティがジダンに侮辱するような言葉で挑発したのか。試合で熱くなると挑発するようなプレーがでてきます。ジダンより若いマテラッティが発した言葉をジダンは押さえられなかったのでしょう。もし侮辱されたのであれば、許せない気持ちはわかります。でもそこで頭突きしていいかといえば、だめだと思います。せっかくジダンも最後の試合だったのに、残念なプレーで選手時代を終えることになり残念でありません。

応援してきたイタリアチームが勝利を手にしたのに、いつもテレビで流れてくるのはジダンがマテラッティに頭突きしたプレーばかり。イタリアチームの勝利の映像は流れず残念です。ワールドカップの決勝なのに、正直おもしろくなれない試合でした。

ジダンも数日後、今回のことのコメントを発表するとか。マテラッティは何も言っていないとのことですがもしジダンに侮辱する言葉を言っていたならスポーツマンらしく、謝罪してもらいたいと思います。大好きなイタリアチームのメンバーなだけにもし彼が侮辱する言葉を発していたら残念です。

イタリアのセリエAでの八百長疑惑問題もあり大好きなアレッサンドロ・デル・ピエロは問題のユヴェントスチームですし、ほとんどのイタリアの選手が八百長疑惑のチームです。今後どうなるのか心配です。見守るしかないのですが、アレッサンドロの試合をもっと見たいのが正直な話です。
[PR]
by atelierfloralruby | 2006-07-11 09:56 | Diary

最近のルゥくん

暑くなりつつある今日この頃ですが、最近愛猫ルビー事ルゥくんの様子を伝えていないので伝えることにします。

ルゥくんですが、最近日中は熟睡しません。なぜかというと、日中私たち家族が出かけようと準備をしていると物音で起きて行かないでとじゃれまくりひっついて離れません。出かける時はボールを投げてルゥくんがボールを追いかけている時に出ていきます。後ろ髪をひかれつつ早業でドアを閉めます。

ある時、ルゥくんが2階のルゥくん部屋で寝ていたときに、私と母で庭作業をしていました。どこからか、赤ちゃんの声のような、でもなんかさかりの頃とか喧嘩しているにゃんこの声のように聞こえてきました。「ぐるにゃあ、うにゃあ、うにゃあ」と。

隣のアパートのほうにもしかして近所の猫の朝青龍かなあと思ったらいなくて、家の窓ガラスから部屋を覗くとルゥくんが犬のぬいぐるみのみみちゃんを口にくわえてうなり鳴きながら叩きつけてました。

どうやら、誰もいないと思ったらしくて切なくなったようです。急いで部屋に入るとやっと家族がいたということがわかり、ほっとしたのかいつもどおりになりました。

噛みっ子を時々しちゃうけれど、甘えん坊なルゥくんです。先日、猫雑誌を読んでいたらTBSアナの久保田さんもロシアンブルーを飼っているのですが紹介されていて、久保田さんのロシアンブルーのモネちゃんは(モはみのもんたの「も」、ネは猫の「ネ」とか)すごくおとなしそうでかわいい子でした。

またルゥくんネタを紹介したいと思います。写真はどちらも念のためルゥくんです。カメラ好きでないのですごーく愛想がありません。すごく猫ギャングのような表情です。もう1枚のほうは、比較的かわいく写ってくれたほうです。

d0001008_132398.jpgd0001008_1322858.jpg
[PR]
by atelierfloralruby | 2006-07-06 13:02 | 猫のルビー


ダイアリーや作品、ガーデニング、好きなものについて書いています。


by atelierfloralruby

プロフィールを見る
画像一覧

リンク集

フォロー中のブログ

みどりのある暮らし 【...
今週のピックアップブロガー
+++carefree ...
匂いのいい花束。ANNEXE。
WAON~小さな庭と…
wiwiの気まぐれ日記
ひとり言
福士 誠治のブログ
KazのNY庭生活 2
Bon Copain!
Mimosa Garde...
野良っ猫写真日記
カエルのはんこ工房
『ガーデン&ガーデン』編集手帖
音描キ屋サン
マトリョーシカ
心はいつも。。。
まわりみちして
バラと緑の館 (No.2)
バラと遊ぶ庭
田舎でまったりと過ごそう~♪
hibariの巣
My little ga...
poan-de-kibun
ROSE DECO
ケセラセラ~家とGREEN。
りえんぞうのあれやこれや・・・
まとまりの無い庭 exc...
Tsugumi's Di...
ふたつの庭
*小さな幸せ 小さな喜び*
tannune
My Precious ...
Chiku-Taku ...
IL EST TROP ...
てんてんさんの薔薇だより
EAM photo
りきの庭
CINQのひとりごと  ...
あけの秘密の花園

カテゴリ

全体
Diary
猫のルビー
庭の花・ガーデニング
バラ
クレマチス
クリスマスローズ
一年草
宿根草・山野草
球根
ベジタブル・果樹・花木
料理・パン・スイーツ
喫茶店・カフェ・レストラン
バラ園・フラワーパーク
旅行・おでかけ・散歩
いただきもの
ガーデングッズ
Canon EOS Kiss X2
大好き氷室京介
ER パット・オースチン
ER ザ・ピルグリム
ER スノーグース
ER L.Dブレスウェイト
ER ジェフ・ハミルトン
ER イモータル・ジュノー
ERウィリアムシェークスピア2000
OLD Mme.Hardy
OLDカ-ディナルドゥリシュリュー
FL ほのか
FL アプリコット・ネクター
FLしのぶれど
HT ブルーライト
HT プリンセス・ド・モナコ
CL サハラ’98
CL 春がすみ
CL アンジェラ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
エドガー・ドガ
ミッドナイトブルー
多肉植物・観葉植物
持病
大好きな益虫
薔薇 キトサン+ニーム、その他
外で出会った猫
Deuil de Paul Fontai
ミルフル
園芸店
大好きなものや大好きなこと
Frederick II世
Rei
ファッション
OLYMPUSPENLite E-PL6
野の風景・野の花
I LOVE Niigata

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

ライフログ


イングリッシュローズのすべて


バラの庭づくり


ケイ山田のイングリッシュガーデン―庭はもう一つの部屋


つる植物のガーデニング―仕立て方・楽しみ方


キヤノン EOS Kiss X2 マスターガイド


ノンオイル、ノンバターで作るパン&お菓子―油脂なしだから低カロリー! (マイライフシリーズ特集版)


バター、オイルなしでもこんなにおいしいふとらないパン

大好きなCD

“B”ORDERLESS 【初回限定盤】


20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~


21ST CENTURY BOOWYS VS HIMURO / AN ATTEMPT TO DISCOVER NEW TRUTHS


MISSING PIECE


Ballad La Pluie


THIS BOφWY

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

ブログジャンル

花・ガーデニング
カメラ

画像一覧